Level 6

43 words 0 ignored

Ready to learn       Ready to review

Ignore words

Check the boxes below to ignore/unignore words, then click save at the bottom. Ignored words will never appear in any learning session.

All None

Ignore?
きにたけをつぐ
木に竹を接ぐ
きによってうおをもとむ
木に縁って魚を求む
どんぐりのせいくらべ
団栗の背比べ
にとをおうものはいっとをもえず
二兎を追う者は一兎をも得ず
いっきょりょうとく
一挙両得
いっきょりょうとくをねらう
一挙両得を狙う
いっせきにちょう
一石二鳥
ばじとうふうとききながす
馬耳東風と聞き流す
かっぱのかわながれ
河童の川流れ
あとはのとなれやまとなれ
後は野となれ山となれ
たびのはじはかきすて
旅の恥は掻き捨て
ちょうちんにつりがね
提灯に釣り鐘
よわりめにたたりめ
弱り目に祟り目
ふんだりけったり
踏んだり蹴ったり
きずぐちにしお
傷口に塩
きずぐちにしおをすりこむ
傷口に塩を擦り込む
ぶたにしんじゅ
豚に真珠
ありのあなからつつみもくずれる
蟻の穴から堤も崩れる
とらぬたぬきのかわざんよう
捕らぬ狸の皮算用
とらのいをかるきつね
虎の威を借る狐
いぬもあるけばぼうにあたる
犬も歩けば棒に当たる
てんたかくうまこゆるあき
天高く馬肥ゆる秋
いのなかのかわずたいかいをしらず
井の中の蛙大海を知らず
やなぎのしたにいつもどじょうはいない
柳の下にいつも泥鰌はいない
うおごころあればみずごころ
魚心あれば水心
えびでたいをつる
海老で鯛を釣る
たでくうむしもすきずき
蓼食う虫も好き好き
うのまねをするからすみずにおぼれる
鵜の真似をする烏水に溺れる
うのめたかのめ
鵜の目鷹の目
うのめたかのめで
鵜の目鷹の目で
うのめたかのめでさがす
鵜の目鷹の目で捜す
いしばしをたたいてわたる
石橋を叩いて渡る
わたりにふね
渡りに船
あつささむさもひがんまで
暑さ寒さも彼岸まで
あめふってじかたまる
雨降って地固まる
かれきもやまのにぎわい
枯れ木も山の賑わい
けいせつのこう
蛍雪の功
てんさいはわすれたころにやってくる
天災は忘れた頃にやって来る
ごうにいってはごうにしたがえ
郷に入っては郷に従え
すぎたるはなおおよばざるがごとし
過ぎたるは猶及ばざるが如し
ながいものにはまかれろ
長い物には巻かれろ
おんこちしん
温故知新
ふるきをたずねてあたらしきをしる
故きを温ねて新しきを知る